葬儀に参列する際にもマナーがありますが、葬儀後に弔問に伺ったり、香典や供花を送ったりする時にもマナーがあります。
失礼のないように、マナーを確認しておくことが大切でしょう。
訃報を受けたのが葬儀の終わった後でも、マナーを守ってお悔やみの言葉を伝えることが大切です。

  • 御霊前と御仏前

    御霊前と御仏前

    香典の表書きには主に御霊前と御仏前がありますが、49日法要の前は「御霊前」、49日法要からは「御仏前」となります。

  • 香典返しのお礼は不要!

    香典返しのお礼は不要!

    香典返しを受け取っても、礼状を送ったり、連絡したりする必要はありません。直接受け取る場合には、「恐れ入ります」などと伝えます。

  • 葬儀後の弔電は×

    葬儀後の弔電は×

    弔電は取り急ぎお悔やみを伝えるものであり、葬儀までに送るのが常識。葬儀が終わった後は、弔電ではなく手紙でお悔やみの言葉を伝えましょう。

 
 

訃報を受けたのが葬儀の後だったという場合、どのような対応をしたら良いのでしょう??
葬儀の後も遺族は何かと忙しいですし、心労も大きいものでしょう。
遺族へ失礼のないように、対応したいものですよね。

遠方でない場合は弔問に伺う

遠方でご遺族宅に伺うのが困難な場合は仕方がありませんが、可能な場合は弔問に伺いましょう。
ご遺族は、葬儀が終わっても何かと忙しいものです。また、力を落としてしまっていたり、ひどく疲れている場合もあります。そのため、急に伺うのではなく、電話などで都合を聞いてから伺うようにしましょう。

また、ご遺族宅に訪問したら、訪問が遅れた理由を伝え、お参りし、香典を渡しましょう。 葬儀後間もない時期は、ご遺族も忙しいですから、長居しないことも大切でしょう。

葬儀後の香典の表書きは?

香典の表書きに「御霊前」「御仏前」がありますが、どちらでも良いというものではありません。
49日法要の前は「御霊前」、49日法要からは「御仏前」となります。
自分が訪問する日が49日法要の前なのか、後なのかによって表書きは異なるのです。

また、香典袋の中袋には名前・住所・香典の金額を書くのも忘れないようにしましょう。

遠方で弔問に伺えない場合の対応

遠方でどうしても弔問に伺えない場合もあると思います。その場合は、香典・供花を送るといった対応があります。

香典を送る時のマナー

香典は直接渡すのが望ましいですが、どうしても訪問できない場合には現金書留で郵送します。
その際に、手紙を添えるのがマナーです。お悔やみの言葉と訪問できないお詫びを手紙で伝えましょう。手紙はもちろん手書きです。字を書くのが苦手…という人もいると思いますが、心をこめて書くことが大切なのです。

また、香典の表書きについては、先にもありましたが49日法要の前ならば「御霊前」、後ならば「御仏前」となります。

供花を送る時のマナー

葬儀後に供花を送る場合には、お悔やみの手紙を添えると良いでしょう。
ご遺族は、送り主の名前だけでは、どの関係の人なのかわからないことも多いです。お悔やみの言葉や訪問できないお詫びに加え、故人との関係についてわかるようにすると良いです。

「供花にどんな花を選んだら良いかわからない」という人が多いですが、故人の好きだった花や色を取り入れると良いでしょう。多くの花屋で、お悔やみ用のアレンジメントを扱っていますので、相談すると良いです。

また、最近はインターネットで、多くのアレンジメントからイメージに合ったものを選ぶこともできます。送料無料のお花もあるので、費用を抑えて送ることができるでしょう。

お悔やみのお花を送ってくれるサイトをご紹介します。
全国各地に配達が可能で、早ければ翌日に配達してもらえるので、急な時でも心配ありません。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

弔事用からお祝いまで様々な種類の花が用意されてる
フラワーギフト - 花秘書
お悔やみのお花や記念日、お祝いのお花をオンラインで簡単に全国に届けられるフラワーギフトサービス。
花の種類によって送料が決まり、無料の物もある。
プリザーブドフラワーも花時計や花鏡といったアレンジで扱ってる。

葬儀後の弔電は失礼?

葬儀に参列できない場合に、弔電で取り急ぎお悔やみを伝えるのは良いですが、葬儀が終わってからでは遅いです。
弔電は、葬儀に間に合うように出す必要があるのです。
葬儀後は、香典や供花を送るか、手紙を送ると良いでしょう。

香典返しを受け取ったら?

何かを受け取ったらお礼を伝えるのはマナーですが、香典返しについては、礼状を出したり、お礼の連絡をしたりしないことがマナーとなっています。

そのまま納めるのがマナーなのです。直接受け取る場合には、「ご丁寧に」「恐れ入ります」と伝えるようにしましょう。「ありがとう」と言ってしまいそうなところではありますが、「ありがとう」は使いません