香典袋・袱紗

人間に寿命がある以上誰しもが葬儀を出す立場にも参加する立場にもなるものです。
葬儀においては、礼儀作法を守ることは供養の気持ちを真摯に伝えることに繋がります。 特に、香典袋の扱いは葬儀における礼儀作法の重要事項となります。
香典を包む際の表書きや袱紗(ふくさ)について解説します。

表書き、袱紗……香典を包む為の礼儀作法

葬儀に参列する時に包む香典は、故人への弔意と遺族の今後の生活を慮っての援助としての意味を持っています。

だからこそ、香典はふさわしい作法に従った扱いをしなければなりません。

香典袋の基礎

香典袋は「不祝儀袋」ともいい、結婚式や入学祝などのおめでたい事に使う「祝儀袋」の逆になるものです。

不祝儀袋には白黒の水引がついており、金の水引付きの祝儀袋と簡単に区別できるようになっています。

不祝儀袋は宗派を問わず使えるものですが、キリスト教式の葬儀の場合は水引が付いていないものの方が無難でしょう。

香典袋の表書き

香典袋には葬儀の宗派に合わせた表書きをするのが正しい作法です。

水引を中心線として上側中央に「御霊前」などの用途、下側中央に送り主の名前を記入します。

用途に関してはどの宗派でも使える「御霊前」が無難ですが、仏式には「御香典」「御香料」、神式には「御神前」「御玉串料」、キリスト式には「献花料」「御花料」と使い分けた方が先方への心象も良くなります。

香典袋の中袋書き

不祝儀袋は水引の付いた外袋と封筒状の中袋の二重構造になっています。
お金を包む中袋にはどこの誰からのものかが一目瞭然になるよう名前と住所を記入する必要があります。

中袋の表には金額を書き込むのですが、使う漢数字は「壱」「弐」「参」「伍」「阡」「萬」というように旧字体を用います。

また、「金伍阡円」というように金額の前には「金」と付け忘れないようにします。

裏面には、郵便物と同じように左下部に自分の住所と名前を書き込むようにします。

連名で包む場合

会社の上司や学校の先生の葬儀の場合、複数人で香典を包むことがあります。

連名で香典を包む際は、全員の名前と住所を別紙に記入して中袋にお金と一緒に封入します。

表書きには多くて三人、中袋には「○○有志一同」と言うように繋がりがわかるような書き方をします。

袱紗(フクサ)の包み方

香典袋を作法に従って準備しても、そのまま持ち歩くのはマナー違反です。

香典袋は不幸に伴う不祝儀なので人目に付くことは避けるべきものと考えられているからです。

なので、葬儀会場などに香典を持ち込む際には袱紗に包むのが正しいやり方なのです。

包み方と選び方

小さな風呂敷に見える袱紗に香典袋を包むには、まず袱紗をひし形になるように広げます。

広げた袱紗の真ん中に香典袋を置き、右・下・上・左の順番で角を折り袋のサイズに合った長方形に折ります。

袱紗は不祝儀だけでなく祝儀でも使いますが、香典を包む場合は祝儀用の赤色は避けるべきでしょう。
青や緑などの落ち着いた色合いのものや、祝儀・不祝儀を問わず使える紫色が良いでしょう。

葬祭豆知識について、さらに詳しく読みたい