位牌・仏壇

葬儀が終わった後は、仏壇に位牌を納めて設置して毎日の供養を行うことになります。
一昔前はどの家庭にも仏壇があったものですが核家族化が進んだ現在では、仏壇のない家庭も少なくなくなっています。
葬儀後にはどのような仏壇を選ぶべきか、位牌に刻まれる戒名はどうすべきかなどに付いて解説します。

供養のための位牌と仏壇の詳細

お盆やお彼岸など、折に触れて故人を思い返すことも供養ですが仏壇に収まった位牌を拝む毎日の供養も重要です。

核家族化で家に先祖代々の仏壇が無い家庭も少なくなくなっていますが、葬儀を挙げた後は準備した仏壇に位牌を納めて祀るのが慣習であり故人の供養の第一歩です。

ここでは仏壇と位牌について解説します。

位牌の役目

位牌には故人の名前と命日、仏弟子としての名前である戒名が刻まれています。

位牌はお墓と同じく故人を偲ぶための仏具であり、故人の分身でもあります。

位牌には葬儀で使う仮の内位牌と漆塗りの本位牌があり、四十九日までには本位牌を作って魂入れ供養を行わなければなりません。

位牌に刻む戒名とは

戒名とは、故人が成仏して仏様の弟子として修行するにあたって付けられる死後の名前です。

戒名は、菩提寺への貢献や信仰の深さを讃える「院号」、中国で言う字に相当する「道号」、本来の戒名と同じ意味を持つ「法号」、性別や年齢などを示す「位号」で構成されています。

戒名は○○院□□△△居士というように、二文字ずつの組み合わせから成り立っています。

戒名に掛かるお金は?

戒名は俗に「一文字10万円」と言われるように、院号が付くような立派な名前を貰おうとすると戒名代が掛かるものです。

戒名代の相場は10万円以下から100万円以上となっており、望んでもいない立派な戒名を付けられて高額の戒名代を払わなければならなかった遺族も少なくないようです。

戒名は法号だけでも成立するとされており、高額の戒名代は必要ないと考えられています。

そのため、生前のうちに低額で戒名を決められる互助会を利用するケースも増えています。

仏壇について

位牌を納め、仏像などの仏具を祀る仏壇は家庭での供養に欠かせないものです。

しかし、住宅事情の変化から畳敷きの仏間のない家屋も増えています。

仏壇にはどのような種類がありどのように選べばよいのでしょうか。

仏壇の種類

仏壇はもともと浄土真宗を原点としているといわれ、位牌とセットで各宗派に普及しました。

仏壇は大きく分けて金仏壇と唐木仏壇の二種類に分けられます。
金仏壇は金箔・漆塗りが特徴で豪華な雰囲気を持っています。

唐木仏壇は黒檀や紫檀などの木目が綺麗な木が使われており、落ち着いた雰囲気があります。

最近は洋風の家屋にマッチする家具調仏壇などが人気を集めています。

仏壇の選び方・買い替え方

仏壇は大事に使えば数十年単位で長持ちするものです。
購入する際には設置する場所の寸法にあったものを選ぶようにします。
仏壇の種類は問わず、丈夫でしっかりした造りのものを選びましょう。

仏壇を買い替える際に、よく「前より小さな仏壇を選んではいけない」と言われますが住宅事情に合わせなければいけないこともあるので気にする必要はありません。

仏壇を買った後は、僧侶にお願いして魂入れしてもらうようにしましょう。

葬祭豆知識について、さらに詳しく読みたい