相場

祭事を進行させるには大なり小なりお金が必要となるものです。
葬儀などの冠婚葬祭も例外ではなく、一般家庭からすれば大金と言える額のお金が必要となるのです。
では、葬儀を営む為の費用の相場はどうなっているのでしょうか。
葬儀費用や法事費用の相場について解説します。

葬儀にかかるお金はいくら? 葬儀の相場

葬儀や結婚式などの冠婚葬祭には、昔からお金が掛かるものと考えられています。
そのため退職後に老人ホームなどの施設に入るための貯金と並行して葬儀費用を貯金している家庭も少なくありません。

葬儀費用はどのくらい掛かるものなのでしょうか?

全国平均と費用の内訳

どれくらいお金が掛かるのかという相場の目安になるのが、全国平均です。

日本消費者協会が平成15年に行なったアンケートによると、葬儀費用の全国平均は約236万6千円となっています。
地域格差を鑑みても、この平均額は信頼性が高いと言えます。

では、どのような内訳で葬儀費用が構成されているのでしょうか。

設営費

葬儀会場や祭壇、祭壇に飾るお花や棺などに掛かる設営費は葬儀費用の大半を占めています。

多くの場合、設営費は葬祭会社への支払いに組み込まれているため葬儀費用の全国平均でも約150万円と大半を占める形になっています。

人件費

通夜・告別式の受付や裏方でお手伝いをしてくれた近所の方や友人、供養を行う僧侶など葬儀に関わる人に掛かるのが人件費です。

僧侶への謝礼は全国平均で約48万6千円となっています。

仏式葬儀の場合、僧侶は導師と脇導師で最低二人は必要になるため思ったよりも高くなる傾向にあります。

飲食費・その他

葬儀では通夜・告別式の前後に家族・親族や手伝いをした人への食事や、香典返しなどで飲食費や雑費が掛かるものです。

飲食費・雑費は全国平均で約38万6千円となっています。

法事の相場

葬儀が終わった後も、法事費用などで出費は続きます。
四十九日までの陰中法要では、通夜や告別式に比べれば出費はそう多くないといえます。

陰中法要では初七日から四十九日までの計6回にわたっての供養と四十九日に法要を行います。

お寺から僧侶を招き経を上げてもらう際にはお布施として3万円ほど、お車代として5千円ほど包むのが礼儀となっています。
四十九日法要では僧侶の読経に加えて会食を行うのが慣習です。

四十九日の会食に僧侶が参加しない場合はさらに御膳料として5千円から2万円ほどを包みます。

会食をコース料理で行う場合は、御膳料は一人当たりの価格と同額かそれ以上を包むようにしましょう。

費用を抑えるには

葬儀費用は高い出費になりやすい性質を持っているといえます。

祭壇や飾るお花などは値段が高い方が見栄えが良いこと、故人の面子を潰さないためにも立派な葬式を出してやりたいと考える家族は少なくないことなど、とにかく財布の紐は弛みやすいのです。
費用をなるべく抑えた上で立派な葬儀を上げるには、互助会の利用が有効です。

互助会では積み立て式で葬儀費用を前もって支払えて、専用の施設が使えるなどのメリットがあります。

葬祭豆知識について、さらに詳しく読みたい