お墓・納骨堂

法律上、火葬したお骨は都道府県知事の認可を得た墓地等に納めなければなりません。
しかし、様々な事情で先祖代々のお墓が使えなかったり墓所を持っていなかったりする家庭も多くなってきています。
ここでは通常の墓地や納骨堂に納骨する際の費用やマナーなどについて解説していきます。

お墓・納骨堂へ納骨する〜お骨を供養するには

火葬が済みお骨になった故人は通夜・告別式が済んだらお墓に納めることになります。

先祖代々からのお墓がある家庭はお墓に納骨することになるのですが、家系の事情や実家から離れた土地に移り住んだ人はお墓が使えないことも少なくありません。

お墓の代わりとなる納骨堂や、納骨にかかる費用とはどのようになっているのでしょうか?

納骨堂とは

納骨堂は「マンション型墓所」といえる集合墓地の一種です。
しかし、多くのお骨を一纏めにして埋葬する集合墓地とは違い、利用者ごとに仕切られたスペースを利用するのが特徴でお骨を確実に保管できるのが特徴の一つです。

納骨堂はロッカー型や棚型、お墓型などがありお墓参りもしやすく設計されていて共同墓地よりも狭いスペースで多くのお骨を納めることが出来ます。
しかし、お寺に隣接する霊園と違い一定期間の契約という形式を取る納骨堂も多く、永代供養には向いていないというデメリットもあります。

最近ではインターネットを利用しての墓参など、現代向けのサービスを提供する納骨堂もあります。

お墓に納骨する

一般的な納骨のイメージは「先祖代々のお墓にお骨を納める」と言うものです。

お墓は区画ごとに仕切られた「墓所」と家名や故人の戒名などを記した「墓石」から成り立っています。
墓所は「権利の購入」と言う形で頒布され、1区画あたり100万円前後で取引されているようです。
墓石は石屋から直接購入するか墓所とセットで購入することになります。

墓所を購入するメリットは永代供養権がセットになっていると言うことで、納骨堂よりも長期に渡っての利用が可能です。

墓石に掛かる費用は全国平均で約174万円で、墓所に設置する為の施工費は石屋と墓地の距離や墓石の重さに左右されます。

納骨に掛かる費用

葬儀と言うものは兎角お金が掛かるものです。
納骨に際してもお金が掛かります。
納骨費用としては「僧侶への謝礼」「墓石への刻銘・墓石の移動」「卒塔婆代」などが挙げられます。
仏教では納骨の際に卒塔婆を立てるのが慣習となっていて、5000円前後掛かります。

納骨には墓石に故人の戒名を刻んだりお骨を納める納骨棺を開けたりするために石屋さんを呼ぶ必要があり、相場としては5万円前後と見ておくべきでしょう。
僧侶へのお布施は2~3万円が相場となっています。

納骨の時期は?

納骨を行う納骨式は、四十九日までに行うのが一般的です。
大体の場合初七日前後に行われることが多く、遅くても一周忌までには納めます。

地方の慣習によっては、四十九日を過ぎてもお骨を仏壇に安置しておくこともあるため、納骨の時期はケースバイケースであるといえます。