香典返し

香典を頂いたら香典返しを送るのが一般常識といえます。
香典返しを送ることは悲しみに区切りがついたこと、忙しい中葬儀に駆けつけてくださった方への感謝の気持ちを示すことでもあります。
香典返しを送る時期や中身となる品物、品物の相場などについて解説していきます。

香典返しの相場と送る時期は?

葬儀の際に包まれる香典は、弔意を込めたお香代わりの供物であると同時に遺族のこれからの生活を支える為の援助金と言う性質があります。

しかし、遺族にとってはありがたい物であると同時に頭を悩ませるものでもあります。

香典を贈った方への香典返しはどのようにすればよいのでしょうか。

香典返しを送る時期

香典返しは早くて五七日、遅くとも満中陰となる四十九日後に届くよう発送しなければなりません。

一昔前は全て遺族が手作業で間に合うよう送らなければならないものでしたが、葬儀を担当する葬儀会社に委託することが出来るようになり幾らかは楽になったといえます。

また、北海道など一部の地域では通夜や告別式の受付で香典と香典返しを交換する形で送る慣習があります。

香典返しの相場

香典返しは「半返し」と言うように頂いた金額の半分から3分の1程度が相場と言えます。
しかし、香典の額は故人との立場などで違ってくるものです。

なじみの薄い方なら5000円未満、近所の方や会社関係の方は5000円以上、親戚関係ならば1万円以上というような相場があるのです。

なので、少なくとも2種類は香典返しの品を相場に応じて用意しておくのが無難と言えます。

香典返しの内容

香典返しの内容は、「あっても困らないもの」「使いきれるもの」「白いもの」が好まれます。
白は白装束に通じ、使いきれるものは悲しみがなくなることを表しているからです。

そのためお茶やコーヒーなどの嗜好品、白砂糖、ハンカチやハンドタオルなどが香典返しの内容になることが多いのです。

最近ではカタログから金額内で好きなものを選べるカタログギフトを香典返しにすることも多くなっています。

カタログギフトは送られた側が自由に選べるので便利と言えますが、簡素で味気ないように思われるのが欠点と言えます。

香典返しに添える挨拶状

香典返しには、挨拶状を添えるのが礼儀です。四十九日前後に届くように送る場合、忌明けの挨拶状を添えます。

四十九日以前に送る場合は、「四十九日に法要を行います」というように文章を作るようにしましょう。

四十九日以前に送る挨拶状の文例

謹啓
(季節)の候 御尊家御一同様には愈々ご清祥のことと喜び申し上げます
先般(故人との続柄)(故人の名前)儀 他界の節には御懇意なるご弔意を賜り尚格別の御厚志に預かり洵に有難く御礼申し上げます
お陰をもちましてこのほど(四十九日の日付)に忌明けの法要を相営みます
就きましては大変失礼とは存じますが忌明けの志までに心ばかりの品をお届けしましたのでどうぞ御受納下さいますようお願い申し上げます
略儀ながら書中をもって謹んで御礼挨拶申し上げます
(差出日の年月日)    (喪主・差出人)