忌明け・挨拶状

一般的には四十九日の法要が済んだら忌明けとして喪に服する期間が終わったものとされています。
忌明けしたら、心配してくださった方や故人が生前お世話になった方などに知らせるのが礼儀です。
ここでは忌明けを知らせる為の挨拶状の文面や注意点について解説していきます。

忌明けを知らせよう〜四十九日法要後に出す挨拶状

四十九日を終えると忌明けとなり、葬儀を出す前の日常生活に回帰していくことになります。

忌明けになったら葬儀の参列客の方々へ挨拶状を出すのが慣わしとなっていますが、どのような文面で送るべきなのでしょうか。

挨拶状の目的

忌明けに挨拶状を送るのは、一連の葬儀が終わったこと、遺族の心境が落ち着いたことを通夜・告別式に参列した方に知らせる為であるといえます。

また、四十九日法要の際に納骨を行なう場合が多く、忌明けの挨拶状を送ったことで「納骨も無事に済みました」という意味を含められる利点もあります。

忌明けと香典返し

一般的には、忌明けの挨拶状に香典返しを添えて送るのが慣習となっています。

北海道のように受付で香典と香典返しを交換する慣習がある場合は挨拶状だけを送ることになります。
香典返しと挨拶状を一緒に送るのは手間が少なくなり合理的といえます。

香典返しに送る品物は、日用品として使いきれるものや白いものなどが慣習となっています。

挨拶状を送るタイミングの違い

仏式葬儀では忌明けとなる四十九日以降に届くよう挨拶状を出しますが、神式・キリスト教式では仏教の考え方である四十九日とは違うタイミングで挨拶状を出さなければなりません。

神式では四十九日に相当する五十日祭に、キリスト教式では命日の一ヵ月後に行われる昇天ミサに合わせて挨拶状を出します。

忌明けの挨拶状の文例

忌明けを知らせる挨拶状は、会葬礼状の一種に分類されるため定型文になっています。

どのような文面が挨拶状にふさわしいのか、葬儀の種類に合わせた文例を紹介していきます。

仏式の場合


謹啓
(季節)の候 御尊家御一同様には愈々ご清祥のことと喜び申し上げます
先般(故人との続柄)(故人の名前)儀 他界の節には御懇意なるご弔意を賜り尚格別の御厚志に預かり洵に有難く御礼申し上げます
お陰をもちまして満中陰の法要を相営み忌明け致しました
早速拝趨の上親しく御礼申し上げるべき筈で御座いますが略儀乍ら書中をもって謹んで御礼挨拶申し上げます                       敬具 (四十九日の日付)    (喪主・差出人)

追伸 心ばかりの粗供養をお届けいたしました お納めいただければ幸甚に存じます

神式の場合

謹啓
(季節)の候 御尊家御一同様には愈々ご清祥のことと喜び申し上げます
過日(故人との続柄)(故人の名前)儀 帰幽の際には御懇意なるご弔意を賜り尚格別の玉串料に預かり洵に有難く御礼申し上げます
お陰をもちまして五十日祭も滞りなく相済みました
早速拝趨の上親しく御礼申し上げるべき筈で御座いますが略儀乍ら書中をもって謹んで御礼挨拶申し上げます                       敬具 (五十日祭の日付)    (喪主・差出人)

追伸 五十日祭の偲草の印に心ばかりの品をお届け申し上げます
御受納くださいませ

キリスト教式の場合

謹啓
(季節)の候 御尊家御一同様には愈々ご清祥の段慶賀の至りに存じ上げます
先般(故人との続柄)(故人の名前)儀 昇天の節には御懇意なるご弔意を賜り尚格別の御献花に預かり洵に有難く御礼申し上げます
お陰をもちまして滞りなく記念会を相済ませました
早速拝趨の上親しく御礼申し上げるべき筈で御座いますが略儀乍ら書中をもって謹んで御礼挨拶申し上げます                       敬具 (四十九日の日付)    (喪主・差出人)

追伸 つきましては粗品ですが偲草の印にお届け申し上げます
御受納頂けるようお願い申し上げます