四十九日・法要

何事においても区切りを付けることは大事です。
それは葬儀にも通じることで、一般的には命日から数えて7週間後に当たる四十九日が喪に服する期間の区切りとなっています。
四十九日を迎えるまで続く一週間ごとの法要と四十九日の法要の内容について紹介していきます。

一区切りを付けるために四十九日と法要について

仏教では、故人の魂が成仏するまでには49日掛かると考えられてきました。
つまり、49日を過ぎるまではこの世とあの世の境目に居るというわけです。

49日の間、遺族は故人が間違いなくあの世に旅立てるように願うのが四十九日までの法要なのです。

四十九日までの数え方

命日から四十九日までの期間のことを「中陰」と言います。
中陰では、7日ごとに法要を行い四十九日までの計七回七週間にわたって法要を行います。

最初の中陰法要である初七日は、故人の命日を一日目として数えるので命日から6日後に営みます。
初七日以降は二七日・三七日・四七日・五七日・六七日・七七日(四十九日・満中陰)と数えます。

仏教では初七日ごろに三途の川のほとりに着き、五七日ごろに閻魔大王と対面すると考えられています。

中陰法要の意味

中陰法要は、故人の魂が許されることを願う為の法要と言われています。
あの世に渡った故人は閻魔大王のもとで生前の行いを裁かれるとされ、遺族が法要を行うことで閻魔大王の心象を良くし赦して貰おうと言うのが狙いと言われています。

それと同時に、遺族自身の心に区切りをつけて、日常生活に戻る為の儀式としての効果があります。

昔は四十九日を終えるまで服喪期間として家に篭もる慣習がありましたが、現代では葬儀と火葬が済むまでが服喪期間となっています。

初七日法要について

初七日に行う法要は、葬儀後最初の節目に当たる大事な法要です。
最近では繰り上げて通夜・告別式などと一緒に行ってしまうこともあるようです。

初七日から始まる中陰法要は、通夜や告別式のように大々的に行うものではなく身内や親族で集って行います。
初七日では通夜・告別式で使用した祭壇に遺骨を安置して行います。

そのため、葬儀会社からレンタルした祭壇は最短でも初七日法要まで維持しておく必要があります。

法要の内容としては、菩提寺のお坊さんを呼んで読経を上げてもらい精進料理で会食するというものになります。

初七日以後の法要

初七日法要以降の二七日法要から六七日法要までは、規模を縮小して行います。

内容としてはお坊さんを呼んで読経を上げてもらうだけになり、参加者も故人の家族くらいになります。

四十九日の法要

命日から始まった中陰法要も、四十九日を持って終わりとなります。

四十九日法要は納骨を兼ねて行う場合もあるため、菩提寺で行うケースが多いと言えます。

四十九日法要には親族や身内、お世話になった人を招いて行います。その後、精進落としての会食を行い、忌明けとします。

準備するもの

四十九日を含む中陰法要で準備しておかなければならないのは、「本位牌」です。

故人の戒名と忌日を記した位牌は、通夜・告別式では白木の位牌が使われますが四十九日までに本位牌を作っておかなければなりません。

また、四十九日法要に親族以外のお世話になった人を招く場合は日時や会食の会場などを示した招待状を作って送付しておくことも大事です。

日程の変更

四十九日までの中陰法要の日程は、命日によっては人の集りづらい平日になることが少なくありません。

都合が悪い場合は、普通日程を繰り上げて対応します。

日程を繰り上げにするのは故人を供養しようという気持ちの大事さと、供養をおろそかにしてはいけないという考えを重視したものであると言われています。