葬儀後

葬儀を行って故人を見送った後は、遺族が故人との思い出を胸に生きていくためにしなければならないことを片付けていかなければなりません。
そのためにも葬儀の後、すぐにでも取り掛からなければならない課題を把握する必要があります。
葬儀後に真っ先に対応すべき事柄について紹介します。

葬儀を終えたらやるべきこととは?

何事にも優先順位というものがあり、優先順位を間違うと取り返しの付かない事態を引き起こしてしまう場合があります。

葬儀の後にも優先順位を付けて対処しなければならない事が多く、葬儀を取り仕切る立場になって初めてその大変さに気付くものです。

では、葬儀後は何を優先して行っていけばよいのでしょうか?

死亡届の届出

故人の逝去と同時に、故人の戸籍を抹消する手続きに入らなければなりません。
そのために必要となるのが死亡届です。

届出は故人の逝去を知った時点から7日以内と期限が付いています。
届出の際は医師からの診断書または検案書を添える必要があります。

届出用紙は役所や病院に置かれているので、入院中に逝去した場合は病院側が診断書と一緒に準備してくれます。
あとは用紙に記された必要事項を記入し届け出る人の印鑑を押して役所の戸籍係に提出するだけです。

また、死亡届の届出は出来れば故人と同居している家族が行うのが良いでしょう。
死亡届と診断書は生命保険の手続きの際に必要になる場合があるので、提出前にコピーを数部取っておきましょう。

僧侶への謝礼・葬儀会社への支払い

一昔前まで葬儀は地域ぐるみで行うものと相場が決まっていましたが、現在は納棺から出棺までを葬儀会社にお任せにしてしまうのが一般的になってきています。
そのため、葬儀費用も昔より値上がりしています。

葬儀費用は生前から積み立てている人も居れば香典で賄う人も居ますが、葬儀後すぐに支払えるように手元に準備しておく必要があります。

それに加えて、葬儀に携わった僧侶の方への謝礼も用意しなければなりません。
僧侶の方への謝礼は、20万円からが相場となっています。

お世話になった人への挨拶周り

故人が生前親しく付き合っていた方や上司などの目上の方、葬儀のお手伝いをしてくださった近所の方や友人など、多くの人が葬儀に関わっています。
葬儀後のお世話になった方たちへの挨拶も遺族がしなければならないことです。

葬儀後の挨拶周りは、喪主を務めた遺族が行うのが礼儀と言えます。
服装は平服でも構いません。

直接挨拶に伺うのは近所の方や故人の会社など身近な所に絞られます。
葬儀のお手伝いをしてくれた方にはお足代としていくらか包むのが礼儀です。

精進落とし

火葬の後に出席者一同で食べる精進落としは、通夜・告別式から一連の葬儀を締めくくるものとなります。

本来の精進落としは四十九日が明けたときに行うものですが、約一ヵ月半の間に肉や魚を一切口にしない食生活を送ることは現代では難しいので火葬が終わった後に行われるようになっています。

精進落としの席では、法要を行った僧侶の方や葬儀のお世話役を勤めた方を上座に迎えるのが作法です。